なぜ買取業者によってプロボックスの査定価格が違うのか

なぜ買取業者によってプロボックスの査定価格が違うのか

 

 

車の買取り、下取りの査定価格は、どういった基準で算出されるか知っていますか?

 

ぱっと頭に浮かぶのは、車種と年式、走行距離、車の状態といったあたりだと思います。

 

ですが、同じ年式のプロボックスで、同じような状態であっても、見積もり価格に大きな違いが出ることがあります

 

なぜだ!と驚くほどに違ってくる見積もり価格の謎。

 

今回は、この秘密について説明します。

 

 

 

中古車査定の軸になる「基本価格」とは

 

実は、車の査定価格の算出には、ひとつの計算式があります。

 

【査定価格】  =  基本価格 ± 加減点

 

基本価格というのは、査定車の基準となる価格です。

 

・エンジン、足回り関係は走行に支障がなく良好である
・外装、内装が無傷である 車検の残月数3か月以内である
・走行キロ数が標準である
・タイヤ 残り溝が1.6mm以上ある
・事故による修復歴、改造工作等が無い

 

上記の状態である車の価格が、基本価格とされます。

 

 

 

基本価格は査定する会社ごとに異なる

 

実はこの基本価格が、「査定をおこなう会社によって異なる」のです。

 

それに対して、加減点は、日本自動車査定協会が定めた加減点基準に則るため、買取業者毎に違いが出るものではありません。

 

つまり、査定価格の差は、「各買取業者が設定する基本価格がそもそも違う」ために生じます。

 

では、なぜ基本価格が違うのでしょう。

 

その答えは、各買取業者ごとに、販売ルートや在庫状況が違うから、となります。

 

より簡単に言えば、「買取業者ごとに欲しい車が違う」のです。

 

当然、ある業者が今欲しいと思っている車ほど、基本価格も高めに設定されます。

 

軽自動車の在庫が足らない場合は、やはり軽自動車を早く追加したいと考えます。

 

客からエコカーの中古車購入希望の声を聞けば、エコカーを仕入れたくなります。

 

また、車本体にかぎらず、パーツが欲しいという業者もいます。

 

自分の所有する車の買取を希望する一般の客からすれば、ここに高く買い取ってもらう秘訣があります。

 

そう、「あなたのプロボックスを最も欲しがっている買取業者に売る」です。

 

自分の車を一番欲しがる買取店こそ、一番高値で買い取ってくれるお店。

 

言われてみれば、当然なことですよね。

 

 

 

一番高値をつけてくれるお店を探す方法

 

とはいえ、よほどの車通や、中古車業者の事情に詳しい人でないかぎり、一番の高値をつけてくれるお店を探すのは難しいことです。

 

詳しく調べだすときりがありません。

 

そういう場合は、できる範囲でかまわないので、少しでも多くの買取業者に査定を依頼するのが利口なやり方です。

 

そのための一番カンタンな方法が【一括査定サイト】を利用すること。

 

各買取業者の査定価格を見比べて、あなたのプロボックスに最も高値をつけてくれる業者に買い取ってもらいましょう。

 

手間も少なく、買取価格にも満足できるやり方としておすすめします。

 

もし買取に不安を感じる場合は、一定基準の審査を突破した買取業者から選ぶとトラブルも少なくすみます。

 

複数の業者に査定してもらえる一括査定はこちらから>>

関連ページ

売却相場を知るメリットと調べる方法
車を売る時、提示された金額が高くてお徳なのか、安くて損をしているのか、素人には簡単には分かりません。できれば、適正な価格で買い取ってもらいたいと思うのは、売却者の当然の心理といえます。プロボックスを売るとしたら適正価格はどの程度なのか、それを知るために、中古車の価格がどのように決まっていくのかを見て行きましょう。